「看護師の資格取得にチャレンジしたいけど、通信教育の費用を考えると今の経済状況では難しい」と思っている准看護師は多いようです。いくら通信教育といっても、それなりの費用がかかることになります。そのため、看護師の資格取得を諦めてしまう人もいるのです。その場合は、学費サポートを利用してチャレンジしてみるのもいいでしょう。そこで、看護師資格の通信教育の学費サポートについて説明します。そもそも、看護師資格の通信教育では、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。入学金や2年間の授業料を合わせると、90万円前後の費用がかかるようです。それに加えて、教科書代などの費用もかかってきます。放送大学を利用する際は、さらに20万円程の費用がプラスされることになり、気軽に受講できる金額ではないですよね。しかし、お金がすぐに用意できないからと諦める必要はありません。看護師資格の通信教育には、さまざまな学費サポートがあります。そのようなサポートを利用することで、看護師への道を開くことができるのです。例えば、給付制度というものがあります。こちらは、教育課程を修了した後にハローワークで手続きをすることで、納付金の一部を支給してもらえるというものです。また、日本看護協会では、奨学金制度があります。こちらは、日本看護協会の会員対象となっており、奨学金申込みを行うことで利用することが可能です。その他、国の教育ローンや民間の金融機関で行っている教育ローン・病院独自で行っている奨学金制度などもあります。このようなサポートを利用すれば、看護師の資格を諦めずにチャレンジすることができます。看護師資格の通信教育を受ける際、費用で困っている・迷っているという准看護師は、学費サポートの利用を検討してみると良いでしょう。〈通信教育もあり?看護師養成講座〉←こちらもチェック